本文へ移動

会社案内

会社概要

会社商号 福本製作所株式会社

創業  昭和23年 4月

資本金  2,000万円

所在地
本社
 〒211-0041 神奈川県川崎市中原区下小田中1-32-3
 TEL:044-766-0756 FAX:044-766-2333
秋田工場
 〒019-2611 秋田県秋田市河辺戸島字七曲台120-12
 TEL:018-882-4300 FAX:018-882-4210
東北営業所
 〒021-0876 岩手県一関市字広街2-4-1
 TEL:0191-31-8157 FAX:0191-21-1740

代表者   片山 進  (代表取締役社長)
役員構成  福本きよみ (専務取締役)
      佐賀 智  (取締役工場長)

事業内容  精密板金加工、機構設計、組立

従業員数
男子28名 女子12名(パート/アルバイト含む)
※2023年10月現在

代表者あいさつ

代表者あいさつ
確かな技術でお客様のニーズに応える企業でありたい。
 
当社は少量多品種品をメインに精密板金加工業を戦後より川崎市で営んでおります。

現在は秋田県に生産工場を移し、少量多品種品だけでは無く量産品にも対応できる体制と成っております。社内で設計から板金加工、組立作業までを行い、メッキ・塗装・印刷・彫刻などは協力会社様にお願いし、組立まで行って出荷しております。
特にVE提案については、お客様の希望する仕様内で如何にコスト・時間を掛けずに製作できるのか、営業・現場を含め日々考えている会社です。

「これからの製造業はサービス業である。」 お客様の痒いところに手が届く会社で有りたいと思っております。
 
代表取締役社長 片山 進

社屋

社屋
本社/企画営業部・総務部
秋田工場/製造部・生産管理部
秋田工場/施設内部

沿革

 昭和23年  4月  初代社長が個人会社として川崎市中原区で事業を始める。

 昭和31年  7月  現本社所在地に工場を建設、稼動する。

 昭和59年10月  2代目社長が就任。

 昭和62年  2月  個人会社より株式会社へ。

 平成元年  3月  秋田工場創業。

 平成  4年  6月  東北営業所新設。

 平成  8年  7月  秋田工場増築完了。

 平成18年  4月  3代目社長(現社長)就任。

 平成24年  9月  秋田工場に組立専用工場増築

 平成28年  3月  ISO14001取得

 平成30年  5月  本社新社屋完成

 令和  5年  8月  ホームページリニューアル(作業中)

取引先一覧(敬称略/順不同)

主な取引先
株式会社富士通ゼネラル                    (消防指令台、防災機器等)
池上通信機株式会社          (放送機器、監視装置等)
株式会社五洋電子           (半導体製造装置筐体他)
株式会社ホクシンエレクトロニクス   (半導体製造装置他)
日本通信機株式会社          (移動体無線・放送機器等)

主な仕入先 
月星商事株式会社    (材料/アルミ・SUS材)
藤田金属株式会社    (材料/鉄板)
株式会社 佐藤忠蔵商店 (材料/鉄板・鋼材他)
三ツ輪金属工業株式会社 (塗装・シルク印刷)
株式会社谷口      (塗装・シルク印刷)
秋田化学工業株式会社  (メッキ他表面処理全般)
太平化成工業株式会社  (メッキ他表面処理全般)
株式会社 戸川鍍金    (メッキ他)
有限会社不二プロセス  (シルク印刷)
株式会社佐藤製作所   (切削加工品 丸物専門)
株式会社栃木屋     (蝶番・取手など機構部品)
タキゲン製造株式会社  (蝶番・スライドレールなど機構部品)
三徳商事株式会社    (セルスペーサなど圧入ボスや切削品)
株式会社小松木工    (木工加工品)


主要取引銀行
みずほ銀行 武蔵小杉支店
川崎信用金庫 武蔵中原支店
秋田銀行 河辺支店
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2024年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
・営業日カレンダー('24年08月マデ入力)
  • 青字土曜:休業日 (黒字は営業日)
  • 夏季休暇は8月13,14,15日
福本製作所株式会社
【本社】
〒211-0041 
神奈川県川崎市中原区下小田中1-32-3 
TEL:044-766-0756 
FAX:044-766-2333 
1.精密板金加工
2.通信機器・放送機器・消防防災関係部品の製造及び設計
TOPへ戻る